浄蓮寺で執り行う葬儀祭壇の一例
浄蓮寺本堂でのご葬儀で、ご利用の多い二種類の祭壇をご紹介させていただきます。
どちらの祭壇でご葬儀を行っても、千葉県で葬儀社に支払う平均額(約126万円)の半額以下の費用です。
※浄蓮寺での葬儀では、式場の使用料が無料です


  T 本堂中央に豪華な「花祭壇」を飾った通夜・葬儀(葬儀費用50万円)

●葬儀費用には以下のものが含まれています
◇本堂中央花祭壇 ◇棺 ◇骨壺 ◇白木位牌 ◇遺影
◇枕飾り ◇後飾り祭壇(葬儀終了後、自宅に飾る祭壇)
◇ドライアイス(必要分) ◇仏衣(旅立ち用) ◇ラストメイク
◇備品(受付、芳名帳等) ◇寝台車(病院迎え) ◇洋型霊柩車

●葬儀費用に含まれないもの
◇布施(お気持ち) ◇料理代 ◇返礼品 ◇火葬料
◇祭壇以外の生花 ◇その他、届け出に必要な事務費用

※写真の祭壇周辺の供花や供物は、ご親族やご友人が別でお供えしたもので、費用には含まれておりません。 


 

  U 本堂左の庵主様の間で執り行った通夜・葬儀(葬儀費用35万円)




●葬儀費用には以下のものが含まれています
◇葬儀祭壇
◇その他、Tのご葬儀と同じものが含まれています

●葬儀費用に含まれないもの
◇Tのご葬儀と同様


※TとUの葬儀費用の差は祭壇の規模です。
 写真は「花祭壇」の写真です。
この他に日本の伝統的な祭壇の形式、白木の祭壇を飾ることもできます。
祭壇の好みもありますが、白木の祭壇は生花の祭壇より金額が安いため、少ない費用でも大きくて立派な祭壇に出来る事が利点です。






  浄蓮寺のご葬儀は、これまでの規定概念にとらわれません

浄蓮寺では、これまでの規定概念にとらわれず、故人に相応しい送り方をご家族さまと相談しながら、ご葬儀の形態を決めております。
ご紹介した施行例以外にも、大小様々な規模のご葬儀を執り行うことが出来ます。また、浄蓮寺のお堂は、どこの葬儀社が施行しても無料でお使いになれますので、是非一度ご相談下さい。

浄蓮寺の霊安室をご利用になった際、費用は一切かかりません







喪主家がすること 浄蓮寺ができること
項目 喪主家様がすること 浄蓮寺がすること、できること 備考
@事前相談 まずはお電話でご相談下さい ご本人様やご家族が納得できる葬儀の提案。
良心的な葬儀社のご紹介
※重要
A逝去      
B浄蓮寺へ連絡 お寺にご連絡を(04-7159-0123)
安置場所を決定(自宅、霊安室等)
・取り急ぎ必要なことを伝達
・葬儀社のご紹介と手配
・安置場所の手配
 
C清拭・着替え 清拭後、看護師さんに着替えを依頼  
D死亡診断書 担当医から死亡診断書を受け取る 死亡診断書は当日発行
されない場合もある
E搬送 病院から安置場所へ寝台車で搬送
費用は1〜3万円ほど(距離による)
浄蓮寺で故人様をお預かりする場合は、
受入れの準備
 
F受入れ準備 ご自宅の場合は、布団・シーツ・枕等  
G安置    
H枕経 亡くなってから一番最初のお経
近親者による読経・焼香
枕経のご回向 ※多くの場合、枕経の際に
お打合せをさせて戴きます
I打合せ 日時、場所、規模など、
葬儀日程の相談
葬儀方法のご相談
J手続き 死亡届提出、火埋葬許可証の提示 代行者の手配も可(有料) ほとんどの方が施主様
ご自身で行います
K納棺 ご家族様が「おくりびと」となって、
故人様の旅支度
納棺の読経。ご希望により、法衣や
棺にお経を書寫
 
L通夜 通夜式の読経・焼香
通夜振舞い(参列者へのお礼、応接)
通夜の読経  
M葬儀 葬儀式の読経・焼香 葬儀の読経(初七日忌法要)
法号授与・引導
 
N出棺 最後のお別れ お花入れ
一般会葬者に謝辞
出棺の立会い 読経  
O火葬 告別室にて最後の対面 焼香
炉前でのお別れ 火葬(約1時間半)
収骨室でご収骨
告別室・炉前・収骨室での読経  
P精進落し 精進落し 献杯の発声(代表者) 陰膳の飾り準備
(位牌・遺骨・遺影・灯明・線香・お鈴等)
 
火葬などの都合によりL〜Pの順番が変わる場合があります。



[TOP]